技術情報INDEX

 このページは弊社各事業部の基盤技術のご案内一覧です。
 社外秘の部分もあり全てを公開できませんが、より安全に、より環境に優しく、より低コストで、各サービスをご提供するために、研究し積み上げてきた技術の一覧です。それぞれの技術内容につきましては、タイトル部分をクリックしていただければ該当ページにリンクしています。

技術情報一覧

ウォーターコート

 ウォーターコートは、従来の石油製品からなる有機質のケミカルコート剤とは違い、あらゆる素材の表面にナノレベルの完全無機質なガラス質層を形成する技術です。
 電気分解した弱アルカリイオン機能水を使用し、水圧による衝撃と発生する電気を利用して、対象素材にガラス成分を圧着及び電気メッキの原理で電着せしめます。使用する水、補助液剤は全て環境に優しく、あらゆる現場での使用が可能で、施工において特別な養生の必要もありません。

エコウォッシュシステム

 エコウォッシュシステム(実用新案登録済)とは、これまで塩酸やフッ化物といった『 危険物 』を使用しなければ、きれいに洗浄できなかった建築物の外壁や、洗浄水飛散・汚水回収などの問題で洗浄できなかった建築物の内壁などを、安全に、確実に、そして効率よくスピーディーに、更に素材へのダメージを最小限にとどめて、美しく仕上げることを可能にした新しい洗浄システムです。
 特に吸水率の高い石やコンクリートなどの壁面に最適です。

湿布工法

 湿布工法とは、石材に深く染み込んだ汚れを除去して美観を復元するために、染みになっている部分を長時間薬品に浸して、染みの成分を分解・除去するシステムです。
 捻挫したときにお医者さんに貰う『貼り薬』をイメージしていただければ近いかもしれません。しかしながら、貼り薬にも温シップと冷シップがあるように、石材の湿布工法も、単純に薬品に浸せば良いと言う訳ではありません。
 各々の染みの種類や程度によって、浸す薬品や時間や日数、浸し方も変わります。

プロメイト工法

 プロメイト工法とは、自社開発の『 親水性フッ素樹脂被膜形成型洗浄保護剤 プロメイト 』による、美観復元・維持管理システムです。
 水分の吸い込みが無い素材は、汚れが素材に染みこんで除去し難くなることはありませんが、汚れが表面に付着し長期間そのまま残ることによって、素材表面が侵食される可能性があります。
 特に焼付塗装鋼板は『チョーキング』と呼ばれる粉吹き状態を起こしますが、このように物理的に傷むことで、美観の復元はより困難なものとなります。
 これらの素材に『プロメイト』を塗りこんで拭き上げることで、汚れを取り除いて濡れ艶を蘇らせ、親水性保護膜を形成して美観を維持します。

ストーンバリア工法

 川や池などの水辺に建つ建物を良く見ると、あちらこちらで床石が濡れ色になり、染みやサビになっているのを見かけます。
 ストーンバリア工法とは、石を貼る前に予め吸水防止処理を行うことで、床石の濡れ色現象や石壁面・石柱の一番下の石に濡れ色現象が発生するのを抑制する美観維持システムです。

SCS工法

 コンクリート造の建物では、必ずしも均一に同じ色合いで壁面が仕上がるとは限りません。また、築年が経過すると、コンクリート表面が侵食され、洗浄を行っても色ムラが出来てしまいます。
 SCS工法とは、このような色調の斑を、自然なコンクリートの風合いを極力残しつつ、白く美しく仕上げる工法です。

◆◆◆ HOME ◆◆◆
DEPARTMENT
ウォーターコート事業部
ストーンドクター事業部
外壁材復元事業部
衛生管理事業部
LIBRARY
建物の汚れの原因
目地からの汚染
石の種類
石の汚れ
大理石の黄変
コンクリートの汚染
ガラスの汚染
COMMENTARY
ウォーターコート
エコウォッシュシステム
湿布工法
プロメイト工法
ストーンバリア工法
SCS工法
ABOUT US
お問合せはこちらまで
メールはこちら
サイトご利用について