技術情報 SCS工法について

 コンクリート造の建物では、必ずしも均一に同じ色合いで壁面が仕上がるとは限りません。築年が経過すると、コンクリート表面が侵食され、洗浄を行っても色ムラが出来てしまいます。
 また、ジャンカの補修やクラック補修などによって、補修痕跡が目立って汚れて見えたりします。
 クリーンメイトのSCS工法とは、このようなコンクリート床・壁の色調の斑を、自然なコンクリートの風合いを極力残しつつ、白く美しく仕上げる工法です。
 更に、施工面は水が染み込み難くなるため、汚れがつき難く、洗い易くなります。

コンクリートが汚れて見える

コンクリートのジャンカやひび割れ

 コンクリート造の建物をよく見ると、壁やら床やら、あちらこちらでひび割れを見つけることができます。またアザのようにそこだけ質感の違うガサガサした感じの箇所があったりします。
 更にあちこち見てみると、安全対策として様々な補修材で補修されているけれど、補修跡がそのままの形で残っていたりする建物も…。

都会の雨はコンクリートを溶かす?

 都会の雨は『酸性雨』と呼ばれるだけあって、酸性です。この雨はコンクリートの表面を溶かしてしまいます。そうすると、黒ずんだかさかさの肌(表面)になります。何本もの黒い縦筋が入っているのは、雨垂れの痕跡です。

傷んだコンクリートは菌類の住処に

 表面層が荒れてくると、水分がそこに長く滞在するようになります。そうすると、コケやカビなどの菌類の住処になってゆきます。
 ここまでくると、思い切って高圧洗浄機や洗浄剤を使って洗ってもイマイチすっきりしません。

コンクリートの美観復元と維持管理

SCS工法はナチュラルメイク

 さて、こうなるとSCS工法の出番です。
 まずは、しっかりと専用の洗浄剤を用いて洗浄します。汚れは無くなって綺麗にはなるのですが…やはりイマイチすっきりしません。
 つづいて、SCSに専用の白色系着色材料を加え、丁寧に塗りこみます。このSCSは、素材に対する追従性の極めて高い水溶性の吸水防止剤で、自然の風合いをできるだけ残して素材の持つ吸水率を大幅に抑制することが可能です。
 こうしておくと、お化粧と同じようにお肌( 表面 )を保護し、汚れにくくて洗いやすくなりますので、綺麗な状態を維持できます。

◆◆◆ HOME ◆◆◆
DEPARTMENT
ウォーターコート事業部
ストーンドクター事業部
外壁材復元事業部
衛生管理事業部
LIBRARY
建物の汚れの原因
目地からの汚染
石の種類
石の汚れ
大理石の黄変
コンクリートの汚染
ガラスの汚染
COMMENTARY
ウォーターコート
エコウォッシュシステム
湿布工法
プロメイト工法
ストーンバリア工法
SCS工法
ABOUT US
お問合せはこちらまで
メールはこちら
サイトご利用について